「梅雨時の食品衛生管理について」第2回子ども食堂ネットワーク研修会

本日の第2回の研修会では、

大阪食品衛生協会食品検査センターの吉田所長にお越しいただき、食中毒予防にむけて「食中毒発生要因について-梅雨時の食品衛生管理-」というテーマで講演をいたしました。

食中毒を引き起こす細菌やウイルスについての学習とその予防方法についても詳しくお話がありました。

基本的には細菌を「つけない・ふやさない・やっつける」ことが大切で、その方法についての具体的なお話でした。

食堂運営だけでなく、私たちが日常的にも留意すべきアドバイスと感じました。

また、講演終了後も、参加者で意見交換や所感を語り合う時間も取り、短い時間でしたが、有意義なひと時になりました。

頂いた研修会に対するご要望も生かしていきたいと思っています。

2018年06月18日